琉球の漆文化と科学 2019 ~首里城からみえる琉球の漆文化~(仮称)開催のお知らせ

今年度も「琉球の漆文化と科学2019」を浦添市美術館にて下記要領にて開催いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。

琉球の漆文化と科学 2019 ~首里城からみえる琉球の漆文化~(仮称)
日時:2019年11月9日(土)13時30分~
場所:浦添市美術館講堂
主催:浦添市美術館・明治大学(本多研究室)
日程
13:30~13:40 事務局挨拶,事務連絡
Ⅰ 研究報告<質疑応答込で各40分程度>
➀「首里城の漆器について」~文書・記録より~(仮称)
上江洲 安亨(清ら島財団)
②「首里城及び御殿御用の漆器について」~浦添市美術館収蔵品他~(仮称)
(浦添市美術館学芸員)
③「首里城発掘の漆器資料について」(仮称)
瀬戸哲也(沖縄県埋蔵文化センター)
④「首里城発掘の漆塗膜片の分析」(仮称)
本多貴之・佐々木美保(明治大学・明治大学大学院(本多研))
Ⅱ ポスター発表会
Ⅲ 常設展示室見学 解説:浦添市美術館学芸員
懇親会 *18時より、美術館近くで情報交換・交流会を予定しています。(会費制)

チラシのPDFファイルはこちらから。