共催講演会「漆掻きの技術と文化」の開催について(第1報)

2017年7月11日〜9月3日に国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)において,企画展示「URUSHIふしぎ物語—人と漆の12000年史−」が開催されます。
https://www.rekihaku.ac.jp/exhibitions/project/index.html

この企画展示の会期中に,企画展示関連イベントとして日本漆アカデミーと国立歴史民俗博物館の共催で講演会を開催致します。

日時:2017年7月28日(金)13〜15時
場所:国立歴史民俗博物館 ガイダンスルーム

講演会入場無料(企画展示および常設展示の見学には入館料が必要です)

講演会タイトル:「漆掻きの技術と文化」

講演会内容(予定):

講演1 「縄文時代の漆掻き」工藤雄一郎(本館研究部考古研究系)

講演2 「漆を掻くとはどういうことか」竹内義浩(竹内工芸研究所)

講演3   「国産漆増産の取組」田端雅進(国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所東北支所)

講演会「漆離れを考える」第2報

講演会「漆離れを考える」の詳細が決定しましたのでお知らせ致します。

日時:6月4日(日) 13時30分~17時00分(開場:13時00分)

会場:明治大学紫紺館4階会議室

(東京都千代田区神田小川町3-22-14) 日本漆アカデミーの2017年に開催される第1回目の講演会です。2017年の第1回講演会では漆器製造や販売の関係者、また工芸道具や材料製作の関係者にとって深刻な「漆離れ」の問題を取り上げ、NPO法人壱木呂の会副理事長三好かがり氏、彦十蒔絵代表若宮隆志氏、世界文化社家庭画報編集部松本詩郎氏からご講演頂きます。皆様のご参加をお待ちしております。

 

【プログラム】

1.「仕事部屋と台所で思うこと」 漆芸家 三好かがり

2.「彦十蒔絵の取組」 彦十蒔絵代表 若宮隆志

休憩

3.「うるしと暮らし」 家庭画報編集部 松本詩郎

4.質疑応答

公開研究会「南蛮漆器の多源性を探る」の開催について(第3報)

東京文化財研究所公開研究会「南蛮漆器の多源性を探る」は参加申し込みが
そろそろ定員に達するとのことですので、参加をお考えの方は同研究所HP、

http://www.tobunken.go.jp/info/info170304/index.html

から早めにお申込みください。

お問い合わせは下記までお願いいたします。

東京文化財研究所文化財情報資料部公開研究会担当宛
e-mail: kjkenkyukai@tobunken.go.jp
fax: 03-3823-2371

公開研究会「南蛮漆器の多源性を探る」の開催について(第2報)

東京文化財研究所公開研究会「南蛮漆器の多源性を探る」についての第2報の案内が届きましたので,ご紹介致します。

先般第1報でお知らせしました、東京文化財研究所公開研究会「南蛮漆器の多源性を探る」の詳細内容および参加申し込みフォームを同研究所ホームページにアップいたしました。
ご参加をご希望の方は、下記東文研ページにアクセスの上、所定の参加申し込みフォームによりお申し込みください。
なお、お申込みはご参加者お一人ごとにお願いいたします。
お問い合わせは下記までお願いいたします。
東京文化財研究所文化財情報資料部公開研究会担当宛
fax: 03-3823-2371
info170304-1